ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年04月18日

フライブルク、長期離脱中のボレロに「今季中に出場を」

SC Freiburg
SCフライブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 昨夏ウィングの補強を目指していたフライブルクは、23才のオーストリア人FWブランドン・ボレロを獲得。2017年に当時2部カイザースラウテルンへと加入した同選手は、これまで2部通算19試合に出場。しかしながら4月おわりに前十字靭帯を断裂しており、後半戦からの復帰が見込まれていた。

 そして今年の2月にフライブルクのU23にて実践復帰、身長178cmの闘争心溢れるボレロは、それ以降は6試合で出場を続けており、「クラブとして、彼の負傷からのここまでの経過には満足しているよ」と、クレメンス・ハルテンバッハSDはコメント。「フィジカル的にいい状態にあるし、それは数字にも現れている。何より重要なことは実戦を続けることであり、それを今は下部チームで得られているんだ」と言葉を続けた。

 果たして今シーズン中に、トップチームでメンバー入りを果たす日は訪れるのだろうか?「それはこれから見極めていかないとね」とハルテンバッハSD。「ただ私としては、ぜひ数分でもプレーしてもらえたらと思っているし、それが夏季休暇に入るときのモチベーションにも安堵にもつながると思うんだ」との考えを述べている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報