ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年05月01日

フライブルクのペテルセン「デュッセルドルフ戦での復帰を目指す」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今シーズンは数多くの負傷者に泣かされてきたSCフライブルク。そのうちの一人、元ドイツ代表FWニルス・ぺテルセンは、火曜日も個人練習に勤しむ姿が見受けられていたが、しかしながら自身のSNSにて復帰が間近に迫っていることを明らかにした。

 「腱付近の筋損傷というのは、回復までに時間を要するものなんだ」と説明した同選手は、「でもデュッセルドルフ戦では復帰できるよう期待している。そのために今は、日々努力を重ねているところだよ」と言葉を続けている。

 またこの日のフライブルクの練習では、脳震盪をかかえていたフィリップ・リーンハルト、大腿筋の筋損傷を抱えていたマヌエル・グルデと、半月板の手術を受けたティム・クラインディーンスト、そして前節で膝に問題を抱えたルカ・ヴァルトシュミットらが、フィジオセラビストの指導の下で調整を行う姿が見受けられていた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報