ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年06月19日

ヴィンセント・シエロ、フライブルクからヤングボーイズへ移籍

SC Freiburg
SCフライブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 SCフライブルクは水曜、ヴィンセント・シエロが来季より、母国スイスのヤングボーイズ・ベルンに移籍することを発表した。23才のMFは2017年冬にフライブルクに加入するも、加入前のアキレス腱断裂などの影響もあり、半年間で公式戦わずか5試合の出場。

 そこで昨夏にはかつてシエロがシオン時代に指導を受けていた恩師、ペーター・ツァイドラー氏が指揮をとる母国のザンクト・ガレンにて再起を図ることを決断。そこでは前半戦のみで8得点をマークするなど、最終的には11得点3アシストを記録する活躍をみせている。

 フライブルクでマネージャーを務めるハルテンバッハ氏は、「うちでの定位置争いにより、確固たる出場機会を約束できない状況にあるんだ。彼は素晴らしい人間だし、残念に思う。ただまずは彼自身、そして彼の成長を大事にしていかなくてはならないんだ」と、同選手の移籍を惜しんだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報