ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年08月08日

カリアリ戦で足首負傷のチョン・ウヨン、既にチーム練習に復帰

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 先週土曜に行われたカリアリ・カルチョとのテストマッチにて、試合終盤に相手選手のタックルで負傷を抱え、その後に交代を余儀なくされていた、SCフライブルクの新戦力、チョン・ウヨン。

 足首の痛みを訴えピッチに倒れこんだ同選手は、さらなる離脱者に名を連ねることが危惧されていたものの、試合後にはすでにシュトライヒ監督が大事には至ってはいないだろうとの見解を示しており、実際その言葉通り水曜日からチーム練習で汗を流す姿が見受けられている。

 さらにそこには大腿筋に負傷を抱えていたマヌエル・グルデの姿もあったが、その一方で筋損傷を抱えるクォン・チャンフンと、靱帯を断裂したヤニク・ハベラー、さらに復帰途中のルーカス・キュブラーも、別メニューでの調整を行なっていた。

 またチーム練習復帰からしばらく時間が経つフロリアン・カートについては、ドイツ杯初戦マグデブルク戦は「できるにこしたことはないけど、長期離脱だからね」と同選手自身がコメント。まだ時期尚早のようだ。
 

 なおその前哨戦となったカリアリ戦について、主将のマイク・フランツは「大半ではいい状態にあるところをみせたと思うけど、でも3・4点は取らなくてはいけなかったね」とコメント。0−1と敗戦を喫しており「まだ課題が山積みであることはわかっている」と言葉を続けた。「ドイツ杯ではゴール前で遠慮なく得点していかないと。」 
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報