ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年05月22日

ベンフィカとアヤックスが、フライブルクのシュヴォロウに関心

SC Freiburg
SCフライブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 kickerが得た情報によれば、SCアウグスブルク所属のアレクサンダー・シュヴォロウに対して、ポルトガルの名門ベンフィカ・リスボンと、オランダの名門アヤックス・アムステルダムの2クラブが関心を抱いているようだ。
 
 2012年からフライブルクに所属し2015年から先発を確保する27才のドイツ人ゴールキーパーとは、フライブルクは2022年までの契約を残しているものの、ただ契約には移籍金800万ユーロで移籍可能となる例外条項も付随しているとみられている。
 
 仮にシュヴォロウが移籍することになった場合、フライブルクとしては既存のマーク・フレッケンとの定位置争い候補として、ブンデス2部カールスルーアーSC所属のベンヤミン・ウップホフの名前が浮上しているところ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報