ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年07月13日

フライブルクのフレッケン、シュヴォロウ残留次第で移籍か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 SCフライブルクのマーク・フレッケンは、来シーズンこそは欧州主要リーグの1部クラブにて、先発ゴールキーパーを務めたいと考えている。ただその場所をフライブルクとしてみるのか、それとも新天地へと求めることになるかについては、シャルケからの関心も伝えられるアレクサンダー・シュヴォロウの動向にもよることだろう。

 kickerが得た情報によれば、27才のオランダ人GKは母国への復帰を検討しており、ティモン・ヴェレンロイターが去ったヴィレムIIは後釜を模索しているところ。さらにロジャー・シュミット監督が就任したPSVについても、ラース・ウンナーシュタルよりもビルドアップに長けるという点で、フレッケンの獲得を視野に入れているようだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報