ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年08月06日

フライブルク、ベンヤミン・ウップホフ獲得を発表

SC Freiburg
SCフライブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 既報通りSCフライブルクは、ベンヤミン・ウップホフを獲得したことを発表した。2017年より在籍し守護神としてプレーしていたブンデス2部カールスルーエとの契約は今夏満了。そのため獲得に際して移籍金は発生せず、すでに7月中旬にはフライブルク入りが確実視されているところだった。

 「ベンヤミンはブンデス3部、2部、そして今回はブンデス1部と、コンスタントに成長と安定化を増してきた選手だ。」と、クレメンス・ハルテンバッハSDはコメント。「これからブンデスの舞台でもその力を証明していくために、ここが正しい場所であると彼自身確信している」と言葉を続けている。

 一方でウップホフは加入に際して、まずフライブルクにおけるGKでの取り組みについて高く評価。そして「話し合いはとてもオープンだったし、早い段階でブンデスへ飛躍するにはここが正しい場所だと感じられたよ。」と語った。

 なおフライブルクでは昨日に、守護神アレクサンダー・シュヴォロウがヘルタ・ベルリンへと移籍。代わりにバックアップを務めていたマーク・フレッケンが先発昇格へ、そして今回加入したウップホフにバックアップと定位置争いの激化が期待されているところ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報