ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年09月02日

フライブルクのボレロ、デュッセルドルフへレンタル

SC Freiburg
SCフライブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ブンデス2部フォルトゥナ・デュッセルドルフは、SCフライブルクからブランドン・ボレロを、レンタルにて獲得した。オーストラリア人MFはフライブルクにて過ごした2年間の中で、十字靭帯の断裂で初年度のシーズンの大半を棒に振っており、その翌シーズンではわずか7試合のみの出場に止まっていた。

 そのため今回のデュッセルドルフ移籍によりキャリアの軌道修正をはかりたいと考えており、「これからフォルトゥナでプレーできることを、とても楽しみにしているよ。ブンデス2部のことは知っているし、デュッセルドルフは伝統あるクラブ。だから首脳陣から代理人へ連絡が入ったとき、すぐにここでプレーしたいと思ったんだ。とても嬉しく思うし、ワクワクしているよ」と、喜びを語っている。

 ボレロは母国オーストラリアのブリスベン・ロアーにて、プロとしての第一歩を踏み出し、2017年に1.FCカイザースラウテルンへと移籍。その翌年にフライブルクへと渡っており、「両ウィングでプレー可能で、オフェンス面においてより多くのオプションを提供してくれる存在」と、ウーヴェ・クライン競技部門役員はコメント。さらに「アグレッシブさ」「メンタリティ」に期待感を示した。

 これによりデュッセルドルフは、新シーズンに向けてフロリアン・ハルトヘルツ(ビーレフェルト)、ケヴィン・ダンソ(アウグスブルク)、ヤクブ・ピアトロフスキ(ワースラント=ベフェレン)に続く、4人目の新戦力獲得に成功。契約に関する詳細は明らかとされていない。  
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報