ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年10月13日

元フライブルクのテラッツィーノが、パダーボルン入り

SC Freiburg
SCフライブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ブンデス2部SCパダーボルンは既報通り、SCフライブルクとの契約を解消していたマルコ・テラッツィーノを獲得した。ブンデス1部2部通算183試合に出場し、19得点29アシストをマークした経験をもつ29才のアタッカーとは、2021年6月末日までの単年契約を締結。

 ヴォールゲムート競技部門取締役は「マルコには豊富な経験があり、この若いチームでぜひ活かしてもらいたいと思う」と期待感を示し、「練習試合やシャルケとのテストマッチなどからも、オフェンス面で創造性を高められることを示していた。貴重なオプションを追加することができたよ」と言葉を続けている。

 ホッフェンハイムにて育成されたテラッツィーノは、ユース代表としてU18からU20まで15試合に出場。カールスルーエやボーフム、フライブルクなどでプレーしており、さらにブンデス2部時代のドレスデンにレンタル移籍した経験も。

 一方でパダーボルンは開幕から3試合が経過し勝ち点1と、開幕ダッシュでつまづきをみせているところであり、次節は原口元気、室屋成所属のハノーファーとの一戦が控えている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報