ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年10月14日

フライブルク、グリフォの代案に2人の韓国人選手

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 代表戦よりSCフライブルクでも選手たちが徐々に戻ってきた。ただしコロナ感染の危険地域に指定されているアルメニア、そしてカザフスタンでの試合に、アルバニア代表として参加したアミール・アブラシについては、その後の隔離と2度のコロナ検査が求められることから、代表戦明けのブレーメン戦ではオプションとなることはない。

 またイタリア代表に参加していたヴィンセンツォ・グリフォについては、危険地域での試合ではなかったもののオランダ代表戦から本日水曜夜にフライブルクへと戻り、陰性が確認されれば金曜から練習参加となる。そのためシュトライヒ監督としては、1日しか練習参加できないことも踏まえ、クォンやチョンといったウィングの代役起用も検討していることだろう。そもそも新戦力のフース・ティルの加入により、フライブルクの攻撃陣の定位置争いは激しさを増している。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報