ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年11月17日

韓国代表クォン、2度目のコロナ検査も陽性

SC Freiburg
SCフライブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 SCフライブルクに残念な知らせが届いた。韓国代表クォン・チャンフンが2度目となるコロナ検査でも、再び陽性が確認されたことが明らかとなっている。韓国代表から日曜日に戻ってきた同選手は、フライブルクで再び検査を受けており、この結果クラブ側によれば、保険当局との協議の上で11月25日までは隔離のままとなるという。

 そのため日曜日に行われる1.FSVマインツ05とのホーム戦では、クォンは欠場を余儀なくされた。なおここまでクォンは今季ブンデスリーガ7試合で途中から出場しており、ドイツ杯初戦のヴァルトホフ・マンハイム戦では、先発出場して1得点をマークしている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報