ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年12月10日

フライブルク、ヤニク・ハベラーが練習復帰

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 腓骨の骨折と靭帯結合部を損傷し、プレート除去も含む2度の手術を受けるなど、今年6月から離脱が続いているヤニク・ハベラーだが、火曜日に行われた今週最初の練習からは再びSCフライブルクの練習場へと姿をみせた。とりわけ今季のフライブルクは得点力不足に悩まされているところであり、同選手不在の大きさを再認識することに。それでも週末に行われるビーレフェルト戦では、まだ復帰までには時期尚早ということになるだろう。

 まだ筋損傷を抱えていた右SBルーカス・キュブラーについてもまだ別メニューで調整中であり、一方でコロナ感染からの回復をはかるクォン・チャンフンについてはチーム練習へと復帰。こちらについては土曜日の試合からジョーカーとしてであれば、オプションとなるかもしれない。おそらくシュトライヒ監督としては、ここのところは安定感をみせているチーム状況を踏まえて、先発の大幅な入れ替えは行わず現在の先発ラインナップへと信頼を寄せることが考えられる。 
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報