ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年02月17日

サライが練習に復帰、シュロッターベックはウニオン戦に間に合うか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 1月終わりに行われたアイントラハト・フランクフルト戦にて、今季5得点目をマークしたSCフライブルクのローランド・サライだったが、その時にはアドレナリンで誤魔化されていたのだろう、その後に足首の靭帯を断裂していたことが判明している。

 それ以来23才のウィンガーは離脱を余儀なくされているところだが、火曜日の午後にはチーム練習へと復帰。そのため週末のウニオン・ベルリン戦では、少なくともジョーカーとして再びオプションとなる可能性がでてきている。その一方でケヴェン・シュロッターベックの姿はこの日も見受けられなかった。

 10日前に行われたドルトムント戦にて左足に打撲を受け、筋肉系の問題によりブレーメン戦を欠場していた同選手。特にウニオンは昨季、レンタル移籍で1年間プレーし飛躍を遂げた思い入れのあるクラブであり、なんとか回復をみせてこの試合から再びオプションとなりたいところ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報