ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年04月21日

フライブルク:長期離脱明けのフレッケンが実践重ねる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ヘルタ・ベルリンへと移籍したアレクサンダー・シュヴォロウの後釜として、今季からSCフライブルクの先発GKとしてスタートを切るはずだった、マーク・フレッケン。しかしながら開幕直前に肘へ複雑な負傷を負い長期離脱を余儀なくされており、代わりにマインツからレンタルで加入したフロリアン・ミュラーが先発を続けているところだ。

 だがそのフレッケンも回復をみせ、FCバーゼルとのテストマッチで45分間出場、さらにブンデス4部相当のセカンドチームにて、3試合連続で出場を続けており、そこで3連勝をマーク。ただ惜しむらくは昨日のリーグ最下位アルツェナウ戦にて、はじめて失点を喫してしまったところだろうか。

 一方で再びトップチームへと加わったそのフレッケンだが、おそらくホッフェンハイム戦においても引き続き、フロリアン・ミュラーが先発出場を続けることになるだろう。果たして今季中にブンデスの舞台に立つことは叶うのか。なおセカンドチームにおける次戦は、5月1日のギーゼン戦となっている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報