ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年05月07日

フライブルク、フレッケンが今季初出場。残り3試合でプレー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 先日行われたヘルタ・ベルリン戦ではフロリアン・ミュラーが先発GKを務めていたものの、日曜日の試合からはマーク・フレッケンがフライブルクのゴールへと戻ってくる。クリスチャン・シュトライヒ監督は金曜、オランダ人GKをシーズン残り3試合で起用する考えを明らかにした。

 ヘルタ・ベルリンへと移籍したシュヴォロウの代わりに、今季から先発GKへと昇格するはずだったフレッケンだが、しかしながら開幕直前の練習中に肩に重傷を負って離脱。ここまで欠場が続いており、そこでフライブルクは急遽、マインツから1年間の期限付きにてミュラーを獲得している。

 その間にフレッケンはセカンドチームにて3試合に出場するなど、回復をみせており「ミュラーとウップホフがよくやってくれたし、練習でも素晴らしい取り組みを見せてくれた。だからフレッケンは時間をかけて回復をはかることができた」と称賛。「今は出場可能なところまで回復しており、これから3試合を任せたいと思う。これは他のゴールキーパーとも合意をとっているものだ」とも説明した。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報