ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年07月05日

フライブルク、チョンとシュロッターベックが東京五輪召集ならず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 本来ならばSCフライブルクでは、7月22日より幕を開ける東京五輪サッカーにおいて、チョン・ウヨンとケヴェン・シュロッターベックの2選手を派遣する予定ではあったものの、予想外で両選手ともに参加が見送られる結果となった。

 チョンは韓国代表の準備期間に参加していたものの、最終メンバーに入ることは叶わず、「彼にとっては辛く、予想外のことだった」とザイアー競技部門取締役はコメント。「シュトライヒ監督は既に連絡をとっており、7月15日のキャンプスタートまで休養が与えられる。それはシーズン後に休みなく代表に参加したことによるフィジカル面と、メンタル面の回復のためだ」と説明している。

 さらにケヴェン・シュロッターベックについても、長きに渡りドイツU21代表シュテファン・クンツ監督より招集を受けると目されていたのだが、最終的にアウグスブルクよりフェリックス・ウドィオカイの召集に成功。さらにジョーダン・トルナリガと左利きのCBが揃ったことも、今回の召集外という結論へとつながったようだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報