ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年01月24日

ブンデスデビューに喜ぶシマカラ

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_3801
今冬から就任したディーター・ヘッキング監督は、冬季キャンプのなかで若手にもチャンスを与えていく考えを示していたのだが、さっそく今年最初の試合では、バ=ムアカ・シマカラがブンデスデビューを果たした。

ジョンソンやドルミッチが欠場を余儀なくされるなか、はじめてベンチ入りを果たしたシマカラは後半80分にラファエルと交代で投入。

クラブ公式ページにてシマカラは、「監督が、これまでトップチームでメンバー入りを果たしたことがあるのか?と聞いてきたんだ。それでないと答えると、じゃあ今日がその日だって言ってくれたんだよ。とてもうれしかったね」とコメント。

そしてただメンバー入りするのみならず、そのままブンデスデビューをも果たしている。

2011年から加入している19歳について、エベールSDは「あの10分間のなかで、彼のいいところは見て取ることができた」と評価、いっぽうでシマカラは「これでブンデスリーガーと名乗ることもできるだろうけど、でももっともっと取り組まなくてはいけないこともわかっている。それが今の僕のやるべきことだ。今回の出場は僕にさらなる力をあたえてくれるものだよ」と意気込みを見せた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報