ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年07月18日

新戦力がもたらす好影響について語るグラードバッハのゾマー

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


今季巻き返しを期してトレーニングキャンプに臨んでいるボルシア・メンヒェングラードバッハ。守護神ヤン・ゾマーは、早くも今夏加入の新戦力たちが好影響をもたらしていると考えているところだ。

しかしそれは彼らがもつクオリティだけが理由ではない。「夕方のホテルでは、エンターテイメントにあふれているよ。彼らのおかげでね」とコメント。新加入の選手たちは、それぞれチームになれるためにイベントが行われており、椅子の上にたって歌う必要があるという。「グリフォはイタリア語の、ザカイラはフランス語の歌を歌っていたよ」とゾマーは明かした。

ただそれにはまだ、先日コンフェデ杯で優勝を果たしたマティアス・ギンターについては、休暇中んあるため先延ばしとなっている。「でも僕の考えでは、この移籍はとても重要なものになると思うよ。彼のことを個人的に知っているわけではないが、でも大きな助けになるとおもうね 。経験が豊富で、ピッチで落ち着きを与える存在。若手選手たちを牽引していけることだろう。」

また同国スイス出身のザカリアについては、「デニスはオープンなタイプで、とても才能をもった選手だ。ここでもすぐに、うまくやっていくことができるだろう」と期待感を示しており、さらに今季の目標については「また上位争いを演じたいね。そして再びホームのファンを熱狂させたいんだ」と意気込みを見せた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報