ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年07月20日

クラマー「今の17歳は僕の22歳くらいの差がある」

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


「さらにハードな戦いになる」と予想するブンデスの戦いにむけて、現在準備をすすめているクリストフ・クラマーが語る、移籍金額、若手選手の能力、新戦力のギンター、そしてリーグ争いについて。

…現在の移籍市場について
クリストフ・クラマー:以前なら、ウォーカー加入の5700万ユーロでさえ、その1週間のトップニュースになり得るものだっただろう。今は本当に信じられないよ。昔なら800万ユーロでさえ途方もない金額だったというのに。パリSGなんか、ネイマールに2億2200万ユーロを用意しているそうじゃないか。本当に残念に感じるね。でもサッカーの世界では、これは普通の値段となってしまった。クラブ側もアクションしなくては選手を獲得できない。サッカー人気自体は非常に高いものだし、これほどまでにお金が動くスポーツは世界にないだろう。みんなサッカーを愛ししているし、あきられることはないだろうね。

…現在の若手選手に高額な移籍金が
クラマー:今の若い選手は本当にすごいと思う。たとえばミカエル・キュイザンスは17歳だけど、でも僕の22歳くらいのことができているんだ。早いうちからビッグマネーの荒波にもまれるから、若くともプロフェッショナルさが求められる時代になっているように感じるよ。

…新加入のマティアス・ギンターについて
クラマー:いい性格をもっている選手だと思う。このことは決して軽視すべきではない。そうじゃないと、チームとして難しくなってしまうものなんだから。それにプレー面でもマッチすることだろう。彼は見た目とは違ってスピードある選手だ。それはうちでは好都合だよ。それに対人戦での存在感もあるし、ビリドアップでもいいものを持っている。とてもうちのプレーにマッチすることだろう。

…リーグ戦について
クラマー:争いはとても激しいと思っている。シャルケやヴォルフスブルク、レヴァークーゼンなどが巻き返しをはかってくるだろうし、これまでにも下にいたクラブがさらに上を目指してくる。もう下位が当たり前というクラブが存在しないんだ。ブンデスは世界でもっとも、力が均衡したリーグだと思うし、その差はさらに狭まってきている、ハードになってきていると感じるよ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報