ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年10月14日

グリフォがアピール、不振のラファエルは先発降格も?

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


再びグラードバッハの練習場では、数多くの選手たちの姿が見受けられるようになってきた。週末にはここまで17位と低迷するブレーメン戦が控えているディーター・ヘッキング監督だが、おそらくはメンバー選出にむけて嬉しい悩みを抱えていることだろう。

特にそのなかで最近アピールを行なっているのが、今夏にフライブルクから加入したヴィンセンツォ・グリフォである。セットプレーを得意とする攻撃的MFは、そのフライブルク戦にて途中出場からチームに新たな伊吹をもたらしており、膝の負傷のため出遅れたものの先発にむけて存在感を示しているところだ。ヘッキング監督は「長期間離脱していたが、しかし今は当然ながら彼はオプションの1つだよ」と述べている。

それとは対照的にここのところ調子を落としているのが、これまでグラードバッハのオフェンス陣を牽引してきたラファエルだ。通常ならばそのドリブル力や卓越した発想力から、試合を決定づけるだけの力をもったブラジル人FWではあるのだが、しかしながらここのところはフレッシュさと創造性において物足りない部分を露呈。ヘッキング監督は「ラファエルはいまのところは、なかなか本調子を発揮することができていない」と述べており、ベンチに甘んじる可能性もあるだろう。

なお今回の相手ブレーメンについては、ヘッキング監督は「ブレーメンは全ての試合において接戦を演じている。彼らは本来、もっと多くの勝ち点をとっていてもお隠しないチームだ。特に守備面ではとても安定感を増している」と警戒。「我々としては最初の7試合で良い順位につけているし、これからも安定して勝ち点を重ねていって、この順位を守っていきたいね。」と意気込みをみせた。

【先発予想】
ブレーメンの先発予想:パヴレンカ – ヴェリコヴィッチ, L.サネ, モイサンデル – ゲブレ・セラシエ, バルグフレーデ, アウグスティンソン – ユヌゾヴィッチ, デラニー – バルテルス, ベルフォディル

グラードバッハの先発予想:ゾマー – エルヴェディ, ギンター, ヴェステルゴーア, ヴェント – ザカリア, クラマー – アザール, F.ジョンソン – シュティンドル, ラファエル


  • ブンデスリーガ・各チーム情報