ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年06月21日

3部F.ケルン、ハルトマンとイェボア獲得を発表

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


3部フォルトゥナ・ケルンは、グラードバッハからクワミ・イェボア、そして2部インゴルシュタットからモリッツ・ハルトマンを獲得したことを発表した。

身長183cm、32才のハルトマンについてウーヴェ・コシナート監督は「センターフォワードとしてまさに武器になる。精力的なプレーをみせ、相手に素早くプレッシャーかけてくれるし、これまで異なる階級のリーグにおいて常にその得点力を示してきた選手だ」と評価。

2006年から3年にわたりフォルトゥナ・ケルンに在籍していた同選手は、今季いぱいで9年過ごしたインゴルシュタットを退団。これまで1部44試合(13得点)、2部131試合(20得点)、3部36試合(21得点)に出場した経験をもつ。

さらにフォルトゥナ・ケルンは、グラードバッハから24才のクワミ・イェボアも獲得。攻撃的ポジションであれば複数でプレー可能な同選手は、今季後半戦ではパダーボルンへとレンタル移籍していたが、今回は完全移籍での獲得となる。

「クワミはぜひ獲得したい選手だったんだ。トップの位置でも、両サイドのウィングでもプレー可能。フレキシブルさをチームにもたらしてくれる。まさに求めていた選手像にマッチしているよ。ダイナミズムと打開力を評価している。それにパダーボルンの昇格にも貢献した選手だ」と指揮官は語った。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報