ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年10月29日

好調グラードバッハのヘッキング監督、延長の決断は「年内にも」

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 これから「過密スケジュール」が続く、ボルシア・メンヒェングラードバッハ。水曜日にはバイヤー・レバークーゼンとのドイツ杯2回戦、そして日曜日にはリーグ戦フォルトゥナ・デュッセルドルフ戦が控えているところだ。

 ただそれでも今季いっぱいまでとなっている、ディーター・ヘッキング監督との契約延長交渉を行われるまでに、そう時間はかからないだろう。ここまでチームはプレー面でも成功を収めており、失意に終わった昨季後半戦からのリアクションとして期待に応えて見せているといえるだろう。

 すでにヘッキング監督自身からは、延長へのシグナルをみせており、「このクラブとともに歩んでいくことは大きな喜びだ。互いに信頼しあい、そしてご覧の通りこの夏には正しい答えを見出して、良い対応を行うことができた」とスカイに対してコメント。延長については「年内にも起こる可能性はあるだろう。両者ともはっきりとさせたいからね。」と言葉を続けている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報