ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年10月12日

グラードバッハのテストマッチに、ポランスキとレヴェルスも帯同

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


本日金曜日に、ウィーン・シュポルト・クラブとのテストマッチを行うボルシア・メンヒェングラードバッハだが、この試合で二人の懐かしい名前も含まれた。トビアス・レヴェルスと、オイゲン・ポランスキである。

 現在フリーとなっている両選手は、下部チームにてトレーニングを行い体調維持をはかっているところであり、今回のテストマッチでは怪我人に加え代表戦参加選手が不在であること、下部チームが土曜日に試合を控えていること、そして「感謝の意味も含まれている」と、ディーター・ヘッキング監督はコメント。今回両選手に対して、実践経験の場も与える方針であることを明らかにした。

 1999年にグラードバッハへと加入したレヴェルスは2年間在籍。その後デュッセルドルフ、そしてインゴルシュタットと渡り歩き、これまでブンデス1部128試合(2得点)、ブンデス2部では126試合(1得点)に出場しているところだ。

 一方でポランスキは1994年から2008年まで在籍。その後はヘタフェ、マインツ、そして今夏まではホッフェンハイムに在籍しており、ブンデス1部254試合(14得点)、ブンデス2部9試合、そしてポーランド代表として19試合に出場した経験をもつ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報