ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年11月06日

グラードバッハ一筋のヤンシュケが200試合出場達成

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


週末に行われたデュッセルドルフ戦にて、ブンデス1部200試合出場を達成した、グラードバッハのトニー・ヤンシュケ。「これだけ多くの試合に、その多くがフル出場というなかでプレーできたことは誇りだ」と語った同選手は、「しかも全てグラードバッハで。これは特別なことだよ」とも付け加えた。

 「だから余計に200試合という数字に誇りを感じるんだ。プロとしてのキャリアを、たった1つのクラブのためだけに捧げてきた。それは今のサッカーでは、そう滅多にあることじゃない」

 その10年間の間で、残留争いからチャンピオンズリーグでの戦いに至る、全ての経験をここグラードバッハで味わってきた。「あの入れ替え戦がなかったなら、これまでの経験してきたことは、実現不可能だったんじゃないかな」とヤンシュケ。

 なおヤンシュケはすでにカールハインツ・プフィルセン氏(197試合)やシュテファン・エッフェンベルク氏(191試合)のクラブ記録を抜いており、それ以上に位置するのは同僚のパトリック・ヘルマン(228試合)、ハンス=ギュンター・ブルンス氏(331試合)、クリスチャン・ホッホシュテッター氏(339試合)、ヘルベルト・ヴィマー氏(366試合)、ウーヴェ・カンプス氏(390試合)、そしてベルティ・フォクツ氏(419試合)となっている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報