ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年11月08日

負傷交代のエルヴェディ「ブレーメン戦は諦めていない」

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 水曜日に行われたグラードバッハの練習では、ニコ・エルヴェディが練習場をランニングする様子が見受けられた。足の負傷によりチーム練習参加を見送っているスイス代表DFだが、「ブレーメン戦はまだ諦めてはいない」と同選手。「痛みはもうないし、明日、もしくは金曜日にフルメニューをこなせるか、見てみることになるよ」と言葉を続けている。

 日曜日に行われたデュッセルドルフ戦にてエルヴェディは足首をひねって靭帯を損傷。ハーフタイムでトニー・ヤンシュケとの交代を余儀なくされていた。仮にブレーメン戦で欠場となれば、おそらくはヘッキング監督は同様の対応をみせてくることが見込まれる。

 それ以外にはビジャルバ(肩負傷)を除く、全ての選手が練習参加を果たしており、そのなかにはデニス・ザカリアの姿も。膝の内側側副靭帯の負傷で前節は欠場していたものの、ブレーメン戦では再びオプションとなりそうだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報