ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年01月04日

負傷から復調したホフマン「磨きをかけていきたい」

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今シーズンのここまで前半戦において、最終節で首位ドルトムントに敗れ順位を1つ落としたとはいえ、3位で折り返すことに成功したボルシア・メンヒェングラードバッハはまさにウィナーの1つとして数え上げることができるだろう。

 そのなかで同じく大きな飛躍をみせ、一躍ドイツ代表候補にまで浮上する活躍をみせたのが、ヨナス・ホフマンだ。キャリアを通じてウィングとしてプレーしてきた同選手だが、今季はCMFとしてブレイクを果たし、ここまで8得点に絡む(5得点3アシスト)など中盤で得点への脅威を示す存在に。

 しかしながら年末では、臀部付近に筋損傷を抱えて離脱を余儀なくされることとなったのだが、「冬季休暇はとても有効的に活用できた」とコメント。「さらにいたわることができたし、負傷から回復できた」と胸をはった。

 また後半戦での戦いに向けては「前半戦んと同様に意欲的にプレーしていくということ」を課題としてあげ、「それがいい前半戦を過ごせた理由なんだ。それにこれまでの比較して失点数は減っているし、得点も決めることができている」と述べ、「これに磨きをかけていきたい」と言葉を続けている。

 そしてこれからの準備期間では 「特に今はできるだけ早く、本来のリズムに戻していき、練習で全力を尽くしていくことだ」と強調、後半戦初戦となる「とても難しいレヴァークーゼンでのアウェイ戦」を前に、「また最大限に高いレベルにもっていかないといけない」と意気込みをみせた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報