ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年01月28日

中国からアラサン・プレアに、4000万ユーロをオファー?

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  中国リーグの大連一方がグラードバッハの点取り屋、アラサン・プレアの獲得を目指して移籍金4000万ユーロを用意。さらに土曜日に行われたアウグスブルク戦では、クラブ関係者が交渉のためにボルシア・パークに訪れていた、と仏紙レ・キップが報じた。

 さらに記事によれば、大連一方側は移籍金額として、最大5000万ユーロまで上昇可能とし、プレアに対しては法外な年俸を提示しているとのこと。だがグラードバッハのマックス・エベールSDは、kickerの取材に対して「オファーなんて、届いていないよ」と語った。

 昨夏にグラードバッハへと加入し、現在3位につけるなど大きな飛躍を遂げるチームにおいて、ここまでリーグ戦10得点3アシストをマークし大きく貢献しているプレア。これまでの間でフランス代表デビューも果たしており、特に現在はチャンピオンズリーグ出場圏内を狙える位置にいることからも、少なくともこの時点での売却にグラードバッハが応じることは考えにくい。

 むしろ同じFWでも移籍の流れにあるのはヨシプ・ドルミッチ。さらに若手MFラシュロ・ベネシュに関しても、昨季にデュッセルドルフで飛躍を遂げたフロリアン・ノイハウスのように、ブンデス2部へ武者修行に出す可能性はあるだろう。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報