ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年01月31日

ドルミッチのニュルンベルク復帰は無し?連絡を待つエベールSD

1. FCニュルンベルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 おそらく今冬の移籍市場においては、これ以上の動きにでないであろうボルシア・メンヒェングラードバッハ。だがその一方で獲得ではなく移籍という点でみれば、ヨシプ・ドルミッチにまだその可能性が残されているところだ。

 すでにチーム内でのドルミッチの状況は、自他共に明白だ。「彼がどういうプランを抱いているかはわからないが、状況は彼は理解している。このチームでのチャンスというものをね」と、マックス・エベールSDはコメント。

 今季ここまで1試合も出場機会を得られていないFWについては、仮に残留となってもそこでの居場所は引き続き観客席ということになるだろう。「まだ連絡が届くかもしれない。しかし時間はもうギリギリだ」と同SD。この言葉を聞く限りでは、どうやら噂された1.FCニュルンベルクへの復帰の可能性は誤報だったのかもしれない。

 スイス代表として32試合に出場した経験をもつ183cmの点取り屋は、2013年に在籍した1.FCニュルンベルクにて、移籍初年度から17得点3アシストをあげる活躍を披露。その後レヴァークーゼン、グラードバッハと渡ったが思うようにことは運ばず、出場機会を求めて移籍したハンブルクでは負傷。長期離脱を余儀なくされた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報