ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年02月12日

好調グラードバッハ、アザールとギンターにビッグクラブから関心

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今季ここまでリーグ戦3位と、好調なシーズンを過ごしているボルシア・メンヒェングラードバッハに対しては、「良いサッカーをすれば、それだけ選手たちにもビッグクラブから関心が寄せられるというもの。そのことは、我々もよく知るところだよ」と、TV局スカイに対してマックス・エベールSDはコメント。

 そのなかの一人に数えられるのが、ベルギー代表MFトルガン・アザールだ。「当然、他クラブにとっても興味深い選手の一人だろう」とエベール氏は語りながらも、「だが我々にだって、彼と延長するチャンスはあるさ。良いサッカーをみせていけばね」とも説明。そのためには、このままチャンピオンズリーグ出場権を確保することが条件ということになるだろう。

 「ただそれでも、彼自身が次のステップへと踏み出すことを望むのであれば、そのタイミングは今年の夏じゃなくてはならないがね」とも強調。アザールとグラードバッハとの契約は来季いっぱいまでとなっており、例外条項を手にするにはこの時期が大きな節目となるためだ。「我々としては、お金を失うことは決してできない」

 また守備の要としての活躍をみせるマティアス・ギンターに対しても、アーセナルやトッテナムなどプレミアからの関心が寄せられているところだが、こちらに関しては契約は2021年までとなっており、エベールSDはこれまで特にアファーは「届いていない」とも明かしている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報