ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年04月08日

トルガン・アザール、今夏にドルトムント移籍か

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 来季まで契約をトルガン・アザールについては、これまでボルシア・メンヒェングラードバッハのマックス・エベールSDは延長を目指す考えを強調、だがその一方で契約満了に伴う無償での放出のリスクを考え、「クラブとして、いつか決断を下さなくてはならない。それはこれまでにも語ってきたことだ。イースターが1つの区切りにはなるだろう」と語っていた。

 だがkickerが得た情報によれば、すでにアザール自身は、ここのところは不振からCL出場圏外となり、ヘッキング監督の今季限りでの退団が明かされたグラードバッハを後にすることを決断。さらにボルシア・ドルトムントに対して、すでに移籍の約束を結んでいるようだ。

 ベルギー代表として21試合に出場した経験をもつ攻撃的MFは、後半戦でこそいまだ無得点(2アシスト)ながら、前半戦では9得点8アシストと活躍を披露。アトレチコ・マドリードからの関心も寄せられていたのだが、かつての恩師ルシアン・ファヴレ監督率いるドルトムントへ向かうことになりそうだ。なおドルトムントに所属する元グラードバッハの選手としては、マルコ・ロイスとマフムード・ダフードが在籍している。

 一方でドルトムントにとっては、今冬にクリスチャン・プリシッチがチェルシーへと移籍。今季いっぱいまでレンタルでプレーしており、その後釜候補として、スピードと俊敏性、豊富なトリックプレーと得点力に加え、ドイツ語の理解力と経験も持ち合わせたまさに適任だといえるだろう。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報