ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年04月10日

グラードバッハ、ザルツブルクよりマルコ・ローゼ監督の招聘を発表

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 既報通り今季限りでディーター・ヘッキング監督との契約を満了するボルシア・メンヒェングラードバッハの次期監督として、オースリア1部RBザルツブルクからマルコ・ローゼ監督を迎え入れることが発表された。

 今シーズンも引き続きオーストリアリーグを牽引し続けている同氏に対しては、22020年まで残されている契約には移籍金100万ユーロで移籍可能となる例外条項が含まれており、ヴォルフスブルクやシャルケなど、他のブンデスリーガのクラブからの関心も寄せられていたものの、最終的にはグラードバッハへの移籍を決断している。

 マックス・エベールSDは「マルコ・ローゼ氏はザルツブルクにて、6年間に渡り素晴らしい仕事をみせてきた人物だ。そんな彼を来季より迎え入れられることを嬉しく思っているよ」と喜びのコメント。

 前半戦では大きな飛躍を見せていたグラードバッハだったが、最近8試合でわずか1勝と大ブレーキ。CL出場圏外にまで転落しており、今年の4月2日にヘッキング監督との契約を今季いっぱいで満了することを発表。エベールSDは「戦術的な決断を下した」と説明していた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報