ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年04月10日

グラードバッハ移籍のマルコ・ローゼ監督「ドイツでの新たな挑戦を選択した」

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 水曜日に行われたRBザルツブルクでのプレスカンファレンスでは、既報通りにマルコ・ローゼ監督のボルシア・メンヒェングラードバッハへの来季からの移籍が正式に発表された。会見の席にて、指揮官は移籍を決断した理由について「複数のクラブからのオファーがあった」ことを認めつつ、「最終的にはグラードバッハとザルツブルクの2択だった」ともコメント。そしてその結果、「新たなチャレンジ」として、「ドイツ、ブンデスリーガの舞台」で戦う決断を下したことを明かした。「これは難しい決断だったと。しかし100%の確信をもって下せたとも思っている」

 なお選手たちにはLASKリンツ戦後のバスの中で伝えたとのことで、「ちょうどその時にはグラードバッハはブレーメンと試合をしていたんだ。そしてブレーメンの同点ゴールが決まった時は、選手たちは冗談で沸いていたよ」とローゼ監督。ザルツブルクからグラードバッハには、「新天地では信頼が重要」との考えからマリッチ氏、ツィックラー氏、アイベンベルガー氏らコーチを帯同させる考えだが、選手の引き抜きについては「それは考えにはなかった」と述べている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報