ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年05月02日

グラードバッハ、パトリック・ヘルマンとの延長を発表

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 パトリック・ヘルマンとボルシア・メンヒェングラードバッハが、今季いっぱいまでとなっていた契約を2022年まで延長することで合意に達したことが発表された。木曜発売のkicker誌とのインタビューの中で、同選手は「できることならグラードバッハにとどまりたいと思っている。それは秘密でもなんでもないよ」とコメント。

 2008年からグラードバッハ一筋でプレーし続けているウィンガーは、ドイツ代表としての経験も併せ持ち、週末に迎えるTSGホッフェンハイム戦にてリーグ戦通算296試合に出場。「これだけ長くグラードバッハでプレーしてきたんだ。僕の中でこのクラブがどれほど大きな存在かは明らかだろう。だからこそ、これからさらに3年間ここにとどまれることは喜びなんだ」と契約延長について語った。

 一方でグラードバッハのマックス・エベールSDは、11年間在籍するベテランの契約延長について、「パトリックはこのチームにとって、長期間にわたり重要な要素であり続けてきた選手だ」と述べ、「これからのグラードバッハでプレーしてくれること、共にこれからも道を歩めることを嬉しく思う」と喜びを見せている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報