ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年06月24日

グラードバッハ、ニースのサールもリストアップか

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 RBザルツブルクからシュテファン・ライナーを獲得したボルシア・メンヒェングラードバッハ。さらに左サイドの守備陣の補強についても模索しており、現在は仏1部ニースのマラング・サールに関心を示しているところだ。

 なお右サイドバックを担うことになるライナーの獲得については、例外条項の適用により移籍金として1000万ユーロほどが投じられたと見られているところだが、しかしながらセンターバックや左SBもこなす20才のレフティについては、フランスの”Nice Matin”が伝えたところによればその倍の金額にも及んでいる模様。

 確かにグラードバッハでは今夏のトルガン・アザールの売却で2550万ユーロ、さらにヨーロッパリーグ出場により1000万ユーロを手にすることにはなるのだが、仮に移籍金額が上記のまま成立することになるとその大半を投じることに。なおグラードバッハではさらに、1人ないし2人のFWの獲得も模索しているとみられている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報