ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年06月28日

グラードバッハ、シャルケからブレール・エムボロを5年契約で獲得

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 3年間の在籍期間で、出場したブンデスリーガでの試合は48。そこで10得点をマークした、2016年にクラブ史上最高額で加入のブレール・エムボロが、来季よりボルシア・メンヒェングラードバッハへと移籍することが正式に発表された。契約期間は5年。

 その10得点のうち、実に3得点を目の前に見てきた、グラードバッハのマックス・エベールSDは「エムボロのことは数年に渡って知っていたし、シャルケに移籍したあとも当然ながらチェックしていた」とコメント。

 「ブレールはこの3年間、試合中に2度重傷を抱えるなど酷い不運にさいなまされてきたし、うちでも細部に渡ってフィジカル面でチェックしている。そして我々は再出発を果たせること、そして大いに活躍が期待できると確信を抱いたよ。スピードとパワー、そして得点力をもったFWであり、うちのチームに浮上にマッチすることだろう」と言葉を続けている。

 一方でシャルケでマネージャーを務めるヨッヘン・シュナイダー氏は、「エムボロをグラードバッハへ手放すという決断は、決して容易なものではなかった、最終的に合意した理由は、ブレールが変化を希望していたことになる。シャルケでは残念ながら負傷で苦しい時間を過ごすことになってしまった。彼の取り組みやゴールに感謝の気持ちを持っているし、今後の健闘を心より祈っている」とエールを送った。
 
カマチョはシャルケではなく、スポルティング入りを決断

 シャルケが獲得を目指していたラファエル・カマーショだったが、最終的にはFCリヴァプールから、生まれ故郷のスポルティング・リサボンに戻ることを選択した。2016年にマンCのアカデミーに入った王選手は、2年後にリヴァプール入りしていた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報