ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年07月25日

グラードバッハ、クラマーとドゥクレが負傷で練習中断

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 これまで特に負傷者を出すことなく、順調に準備期間をすごしてきたボルシア・メンヒェングラードバッハだが、しかしながら最初の離脱者を出すことになりそうだ。クリストフ・クラマーが対人戦にうより、左足首を負傷したことが明らかとなっている。そのため水曜午後に行われた練習を中断。靭帯損傷の疑いも持たれているところだ。

 昨年11月にもクラマーは右足首を負傷しており、その時は外側側副靱帯を損傷。数週間に及ぶ離脱を余儀なくされている。「まだ我々は正確な診断結果をまたなくてはならないよ」と、マルコ・ローゼ監督は強調した。

 そして木曜午後の練習では、今度はママドゥ・ドゥクレが練習を途中で中断。どうやらこれまで幾度なく負傷を抱えてきた大腿に問題を抱えたようで、こちらもまだ正確な診断結果は明らかになっていない。なおラシュロ・ベネシュも痛みからフルメニュー参加を見送ったが、こちらについては「組織的な部分での負傷ではない」としている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報