ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年11月19日

首位グラードバッハの中盤担う若きMF、ノイハウスが2024年まで延長

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ボルシア・メンヒェングラードバッハのファンにとって、まさに待ち望んでいた知らせだったに違いない。火曜午前にグラードバッハは、フロリアン・ノイハウスとの契約延長を発表した。22才のMFとの契約は、新たに2024年までの更新がなされている。

 現在首位を走るグラードバッハの中盤を担う、22才の若きドイツ人MFに対しては、数多くのクラブが関心を示していたものの、マックス・エベールSDは重要選手の流出を阻止することに成功。「フロリアンは目覚ましい成長を見せているところであり、チームの主力を担う選手となった。だから彼と長期契約を結べたことを嬉しく思う」と喜びを語った。
 
 2018年に2部デュッセルドルフへとレンタル移籍し、そこで原口元気や宇佐美貴らと共にブンデス2部優勝を果たした同選手は、その後にグラードバッハへと復帰すると、これまでブンデス1部42試合に出場し4得点をマーク。さらに今季はヨーロッパリーグでも、4試合で出場を果たしているところだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報