ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年11月25日

首位グラードバッハ、CB陣に負傷者続出。エルヴェディが負傷交代

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 首位ボルシア・メンヒェングラードバッハは週末に行われたウニオン・ベルリン戦にて、ニコ・エルヴェディが負傷を抱えたために途中で交代、そしてその翌日となった日曜日になってもなお、いまだ負傷に関する詳しい情報は明かされてはいない。

 60分すぎに同選手は、スプリントを行なったあとでそのままピッチに倒れ込んでおり、交代の必要があるシグナルを即座に示していた。なおその数分前に行われた対人戦後に、エルヴェディは内転筋/大腿裏あたりをおさえる仕草を見せている。

 グラードバッハでは木曜日にELヴォルフスブルガーAC戦が控えているところだが、守備陣ではトニー・ヤンシュケが大腿筋の筋損傷を抱え、そしてジョーダン・バイヤーが膝の痛みにより週末は欠場しており、さらにラミー・ベンセバイニも出場停止。そのためエルヴェディの結果次第では、4人のセンターバックのオプションを欠いて臨むことを余儀なくされる。
 
 そのため本来はボランチを主戦場とするトビアス・シュトローブルが、マティアス・ギンターと共にCBコンビを形成することになるだろう。ベテランの守備のオールラウンダーは、半月板手術のために離脱していたものの復調を果たした。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報