ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年11月27日

グラードバッハのギンターとエルヴェディ、ELヴォルフスブルガー戦で欠場

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 木曜日にヨーロッパリーグGL第5節ヴォルフスブルガーACとのアウェイ戦に臨む、ボルシア・メンヒェングラードバッハのマルコ・ローゼ監督だが、この試合で先発センターバックコンビ、ニコ・エルヴェディとマティアス・ギンターの2選手を欠いて臨むことを余儀なくされた。

 ギンターは火曜に行われた非公開形式の練習にて筋肉を損傷、今の所はまだ負傷の度合いは明確にはなっておらず、木曜日に精密検査を受けて詳しい情報が明らかとなる見通し。結果次第では、週末に行われる古巣、SCフライブルクとのホーム戦でも引き続き欠場する可能性もあるだろう。

 またエルヴェディについては、土曜日に行われたウニオン・ベルリン戦にて、大腿筋に痛みを抱えて交代を余儀なくされており、さらに膝に深い裂傷も負っていることも明らかに。そのため今回のヴォルフスブルガー戦では出場を見合わせることを判断、ただこちらについては週末のフライブルク戦での出場へ期待がもたられているところだ。

 そこで代役候補としてはウニオン戦で出場停止にあったベンセバイニ、途中から投入された主トローブルなど、守備のオールラウンダーの起用が考えられ、トニー・ヤンシュケとジョーダン・バイヤーも名を連ねてはいるものの、共に負傷明けということで不安も残る。またザカリアをセンターバックにスライドする可能性もあるだろう。 
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報