ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年01月18日

グラードバッハ、今度はヤンシュケがシャルケ戦で負傷

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 ボルシア・メンヒェングラードバッハのトニー・ヤンシュケが、筋肉系の負傷を抱えた疑いにより、試合終了間近となって交代を余儀なくされた。

 ブンデスリーガ後半戦初戦は、トニー・ヤンシュケにとって85分で終わりを迎えることとなった。今季11試合目の出場となった守備のオールラウンダーだったが、筋肉系に負傷を抱えた恐れがありシュトローブルと交代。本来ならば追いかける展開のために、攻撃的なラファエルの投入を準備していたローゼ監督だったものの、最終的にラファエルはベンチへと引き返している。

 その数分前に今季4枚目となる警告を受けていたヤンシュケだが、今のところはまだ負傷に関する詳しい情報は明らかになっていない。「まだわからないんだ」と指揮官はコメント。ただエベールSDは「あまり良い感じにはみえないね」と付け加えている。

 グラードバッハの守備陣では今回のシャルケ戦直前、左サイドバックとセンターバックでオプションとなる主力、ラミー・ベンスバイニが負傷のためしばらく離脱に入ったほか、今回の試合ではニコ・エルヴェディが背中に痛みを抱えたために、ヤンシュケが先発出場していたという背景もあった。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報