ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年01月21日

パトリック・ヘルマン、ブンデス最多途中出場記録を樹立

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ちょうど10年前となる2010年1月16日、VfLボーフム戦にて1−2と追いかける場面から、ボルシア・メンヒェングラードバッハの未来を担う逸材として途中出場からブンデスデビューを果たした、パトリック・ヘルマン。

 金曜日に迎えたFCシャルケとの後半戦開幕戦では、それ以来グラードバッハ一筋でブンデスリーガ通算260試合出場。そして今回の途中出場により、ハリル・アルティントップを交わして141試合目のブンデスリーガ途中出場最多記録を更新。

 この一風変わった記録の知らせに対し、ドイツ代表経験もあるアタッカーは「あるがままを、僕は受け入れる。こういった記録であろうともね。そしてこの記録は、もっと伸びていくことだろう。まだまだ引退する考えはないんだ」と語った。

 ちなみにヘルマンは、クラブ記録となる87スコアポイント(45得点、42アシスト)を保持しており、クラブ最多アシスト記録をもつフアン・アランゴとの差はわずか1のところまで迫っているところ。2022年まで契約を残すヘルマンにとって、むしろこの記録がどこまで伸びるかが注目ポイントだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報