ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年03月04日

コロナ・ウィルス懸念も『ボルシア』対決開催。特定地域には特別対応

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今週土曜日にはグラードバッハとドルトムントによる上位決戦、注目の『ボルシア対決』が控えているところだが、しかしながら新型コロナウィルスの猛威はドイツにおいて、特に2クラブの位置するノルトライン=ヴェストファーレン州で奮っており、試合の開催事態へ注目が集まっていた。

 しかしながらメンヒェングラードバッハ市の保健所の判断により開催へゴーサイン。これは同州の保健大臣により水曜に説明されたもので、朝には内務大臣との会合もあったという。「建設的な話し合いを保健大臣、内務大臣と行えたこと。そして土曜日の開催となったことを嬉しく思っている」と、グラードバッハのケーニヒス会長はコメント。

 だがその一方で、特に新型コロナウィルスの感染に広がりを見せるハインスベルク周辺地域の人々に対しては観戦を「自重」するように促しており、グラードバッハによればハインスベルクのチケット所有者全員にチケットの返還と引き換えに、「チケット代の返却、そしてチャンピオンズリーグ、もしくはヨーロッパリーグの試合で無料で招待する」考えを明らかにしている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報