ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年05月25日

グラードバッハ、エムボロとシュトローブルが負傷離脱

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 既報通りボルシア・メンヒェングラードバッハは、これから迎えるヴェルダー・ブレーメンとのアウェイ戦にて、二人の主力選手を欠いて臨むことを余儀なくされた。土曜日に行われたレヴァークーゼンにて負傷した、ブレール・エムボロとトビアス・シュトローブルである。

 会見にてローゼ監督は、シュトローブルは筋損傷を抱えたために、これからしばらくの間離脱に入るとのことで、さらにエムボロについては相手MFハヴェルツとの対人戦にて、強い打撲をふくらはぎに受けているという。「組織的な部分では大丈夫なのだが、日々様子見だよ」と、指揮官は語った。

 その一方でママドゥ・ドゥクレが今回の遠征に帯同しており、2016年夏にパリSGから加入するも、十度の筋肉系の問題を幾度も重ねてきた同選手だが最近は順調にトレーニングを重ねており、「非常に安定している印象だ。メンバー入りにふさわしいし、嬉しくも思う。短時間での出場は考えられるだろう、それ以上はないがね」と、コメント。

 なお今回の相手であるブレーメンは、自動降格圏内となる17位に沈むも、前節でのフライブルク戦での勝利を追い風として「懸命なプレーで」臨んでくるとローゼ監督は見ており、一方でグラードバッハは週末にレヴァークーゼンとの頂上決戦に敗戦。二人の主力も負傷離脱となったが、「チームの形は確かにある。その穴埋め分のカバーを行い、良い選手たちをピッチに送り出すよ」と自信をのぞかせている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報