ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年08月13日

インテルのラザロに、レヴァークーゼンからも関心

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 インテル・ミラノに所属するヴァレンティーノ・ラザロに対して、ブンデスリーガから熱視線が送られている。昨日にはRBザルツブルク時代に指導したマルコ・ローゼ監督率いる、ボルシア・メンヒェングラードバッハからの関心が伝えられたところだが、さらにバイヤー・レヴァークーゼンでもラザロに対して関心を示しているようだ。

 2018年に移籍金2250万ユーロでヘルタ・ベルリンから加入し、最近ではニューカッスル・ユナイテッドへとレンタル移籍していた同選手については、グラードバッハ側はあくまでレンタル、できれば買取オプション付きでの獲得をめざしており、インテル側も条件次第ではレンタルの用意もあるようだが、一方でレヴァークーゼン側はチェルシー移籍が伝えられるカイ・ハヴェルツの売却が完了次第、インテル側が求めているとされる2000万ユーロの用意が可能となる。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報