ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年08月22日

グラードバッハ、プレアがランニング。ドルトムント戦に間に合うか

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 金曜午後、ボルシア・メンヒェングラードバッハのアラサン・プレアは、サマーキャンプにて初めて、ランニングメニューをこなしていた。ただ9月18日に控えるボルシア・ドルトムントとの開幕戦までに間に合うかについては、今もなお不透明のままとなっている。

 チームメイトらが月曜日にキャンプ地へと向かった頃、プレアはそのままグラードバッハに残り治療を続けていた。同選手はフェールとのテストマッチ直前に筋肉系に問題を抱えており、当初クラブ側から具体的な情報が明かされてはいなかったものの、ローゼ監督からはキャンプ前から「心配だ」との言葉が漏れていた。

 ただひとまずランニングをこなせたことで、最大の不安材料は解消されたとは言えるだろう。昨季のプレアはローゼ監督の下で格段にパフォーマンスを向上させており、得点の数ではテュラムに並ぶチーム最多10得点、さらにアシストも10をマークしており、少し下がり目の場所でもその資質を発揮。ただローゼ監督としてはその穴埋めの対応にも追われることになる。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報