ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年09月07日

同僚ギンターとの対人戦で、エムボロが左足首負傷

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 日曜日に行われたネイションズリーグ第2戦ドイツ代表vsスイス代表戦では、スイス代表の中でもっとも長く目立つ存在として活躍をみせ、ドイツ代表守備陣を苦しめていたブレール・エムボロが、後半途中に負傷を抱えて途中交代を余儀なくされた。
 
 グラードバッハで同僚のマティアス・ギンターの足は、確かにボールをクリアするものではあったものの、そこで転倒したエムボロは左足首を負傷。長期間に及ぶ治療の末に、そのままピッチを後にしている。

 ただ間も無くしてひとまずは、大事には至ってはいない見通しであることが明らかとなっており、「グラードバッハでの練習では、あんなことはよくあることだと話していたよ」と、スイス代表ペトコヴィッチ監督は説明。「少し腫れているが、大したことはないはずだ」と語った。なおエムボロは月曜夜にグラードバッハへと戻ってくる予定となっており、これから受ける精密検査によって詳しい負傷の度合いが明らかとなる。

 一方でグラードバッハでは共に負傷から復調を目指す、アラサン・プレアとマーカス・テュラムがまだ出場が危惧されている状況にあり、もしもエムボロの離脱がことのほか長引くようなことになれば、状況次第でローゼ監督は苦しいやりくりを強いられることになる。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報