ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年10月20日

インテル戦でプレア復帰も、3選手は引き続き欠場

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 2015/16シーズン、そして2016/17シーズンに続き、3度目となるチャンピオンズリーグシーズンを迎える、ボルシア・メンヒェングラードバッハ。初年度のグループリーグでは最下位、翌年は3位と敗退を喫しているだけに、今回こそは突破に向けての野心を燃やしているところだ。

 実際にkickerに対し、マルコ・ローゼ監督も「勝ち抜けるために闘う」ことを宣言。ただその最初の相手となるのが、「大きな挑戦」であるインテル・ミラノであり、「インテルは欧州トップクラブの1つ。それでも可能性を模索していき、大胆な戦いを演じて苦しめたいね」と意気込みをみせている。

 なお週末のヴォルフスブルク戦では子供の誕生のため急遽欠場したアラサン・プレアが、今回のインテル戦では復帰。一方で負傷離脱中のデニス・ザカリアと共に、ヴァレンティーノ・ラザロとラシュロ・ベネシュについても引き続き欠場することに。

 まだラザロとザカリアはビルドアップ中で、ローゼ監督は「ラザロはチーム練習に部分的に参加したが間に合わない。家で精力的に取り組むべきだ」と述べ、ベネシュは「しっかりとこの1週間トレーニングをこなすところまで回復しているが、それでもまたインテル戦は早すぎるよ」と説明した。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報