ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年12月31日

巻き返し期すグラードバッハ、プレアとベンセバイニが復帰か

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ここのところリーグ戦では4試合連続未勝利。「上位争いに留まるためには、どうしても勝ち点を得なくてはならない」と重要性を訴えるボルシア・メンヒェングラードバッハのマルコ・ローゼ監督は、改めて年明けの昇格組ビーレフェルトとの一戦について「重要な試合だ」と強調した。

 なおホッフェンハイム戦では過度伸展がみられたために休養を余儀なくされたアラサン・プレアについては、再びチーム練習参加を果たしており、「負傷からは回復している。ただ90分間持ち堪えられるかについては様子見だ」と指揮官。

 またコロナ感染により長期離脱していたラミー・ベンセバイニについては、「ひとまずは短い出場時間から、徐々に組み込んでいかなくてはならないだろう」と指摘。それでも今回のホッフェンハイム戦からメンバー復帰する可能性はあるだろう。

 ただその一方でイビラヒマ・トラオレについては、そのメンバー入りさえも危ぶまれる状況となっており、「彼は風邪をこじらせてしまっているんだ。だからしっかりと間に合うことができるのか、ちゃんとみていかなくては」とローゼ監督は語っている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報