ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年01月21日

エッセン市警察「屋根を伝った逃走者はエムボロと想定」

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ブレール・エムボロに対する重圧は、更なる高まりをみせている。ボルシア・メンヒェングラードバッハのマルコ・ローゼ監督によれば、スイス代表FWは疑いがもたれているエッセン州での違法パーティの参加には「強く否定」していたものの、どうやらエッセン市警察では異なる見方がなされているようだ。

 エッセン市警察の発表によると、本来ならばコロナ危機により閉店しているはずの、バルデニー湖近くのクラブへと捜査に訪れた際、窓から人が上って屋上へと逃走。さらに隣接するアパートへと逃げ込んでいったという。そこで警察がアパートへと向かうと、そこにはエムボロ1人しかいなかった模様。

 つまりは屋根を伝って逃走した人物自体については識別がなされてはいないものの、警察としては「逃走者はエムボロではないかと想定している」と、水曜日にドイツ通信社に対して説明。一方でグラードバッハの広報はkickerに対し、警察から更なる情報がない限りは立場を変えないとの見方を示している。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報