ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年01月21日

クアディオ・コネ争奪戦は、グラードバッハに軍配

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ボルシア・メンヒェングラードバッハが、今冬の移籍市場で動きに出た。フランス2部FCトゥールーズより、クアディオ・コネを獲得。しかしながら実際にグラードバッハのユニフォームを包むのは、もうしばらくまだ先の話だ。ひとまずはこれまで所属したトゥールーズへとレンタルという形でとどまり、夏からブンデスリーガでの挑戦を始めることになる。契約期間は2025年までで、さらのい1年間の延長オプションつき。ACミランやアトレチコも獲得へと動いたとされる期待の若きMFの獲得には、クラブ側では発表はされていないものの移籍金900万ユーロが投じられた模様。

 一方でグラードバッハの中盤においてはこれまで、デニス・ザカリアに対してビッグクラブからの関心が伝えられているところであり、さらにドイツ代表から召集を受けるまでに飛躍したフロリアン・ノイハウスの注目も高まりを見せているところ。エベールSDは「フランスのユース代表やトゥールーズでのプレーなどから、我々は非常に注目していた」と明かし、ボックス・トゥ・ボックスタイプの中盤について「欧州の様々なトップクラブからの声をかけられるなど素晴らしい才能を持っている。うちを選択してくれたことを嬉しく思うよ」と語った。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報